ここから本文です

都構想の議論再び=制度設計の法定協設置へ―大阪府・市

時事通信 5/16(火) 16:54配信

 大阪市は16日、同市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」の制度案をつくる法定協議会(法定協)設置議案の修正案を5月議会に提出した。

 公明党の要求を受け入れ、市を存続させた上で行政区の権限を強化する「総合区」の議論もできるようにした。今後、府議会にも同様の修正案が提出され、議案は両議会で可決される見込み。

 2015年5月の住民投票で否決された都構想の議論が再び始まるが、大阪維新の会以外の会派は構想に反対している。 

最終更新:5/16(火) 17:00

時事通信