ここから本文です

【城彰二の視点】久保 年齢下でもチーム引っ張る意識持っていい

スポニチアネックス 5/16(火) 9:00配信

 ◇親善試合 U―20日本代表3―2U20ホンジュラス代表(2017年5月15日 エコパ)

 久保は後半途中からの出場だったが悪くなかった。ボールを持つとリズムがつくれるし、攻撃のスイッチが入る。彼が入ってチームも決勝点が入ったが、ピッチ上にいるだけで違ってくる。

 日本は全体的にテンポが速く、足元でボールを受けてから何かする選手が多い。その中で久保はゆっくりキープしながら、ここというところでテンポを変えられる。もっとパスが回ればいい仕事はできるはずだ。ただ、全体的に遠慮が見えた。いいフリーランニングをしながらパスが来なかったり、中盤から遠藤や田川に絶妙のパスを出したが合わなかった場面もあった。もっと自分が何をしたいか要求してもいいし、年齢は下でもチームを引っ張る意識を持ってもいい。

 全体的には攻撃の軸の小川はフィジカルも含めて一つ抜きんでていた。キープもできるし、起点にもなれる。岩崎や久保ともっとかみ合うと点が取れる。外国人のフィジカルと脚の長さに戸惑っていた部分もあったが、ここで経験したことは本大会でプラスになる。 (元日本代表FW)

最終更新:5/16(火) 10:21

スポニチアネックス