ここから本文です

<米海軍横須賀基地>空母ロナルド・レーガンが出港

毎日新聞 5/16(火) 20:01配信

 米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンは16日、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地を出港し、長期の作戦航海に就いた。厚木基地配備の第5空母航空団を搭載し、数隻の駆逐艦、巡洋艦を率いてインド・アジア太平洋地域で警戒活動に当たる。

 昨年11月21日から約半年の定期修理に入り、横須賀に停泊していた。今月7~12日の試験航海を終え、15日にも出港する予定だったが、試験航海と停泊中に見つかった不具合の修理で1日延び、この日午後1時半ごろ、約3100人の乗組員を乗せ横須賀をあとにした。

 北朝鮮による弾道ミサイル発射など緊張が高まる朝鮮半島情勢の中、警戒活動のほか、海上自衛隊をはじめ、同盟国との共同訓練などもこなすとみられる。【田中義宏】

最終更新:5/16(火) 21:23

毎日新聞