ここから本文です

ビール4社が共同配送=9月、北海道で開始

時事通信 5/16(火) 17:00配信

 アサヒビールなどビール大手4社は16日、北海道の釧路、根室地区で、9月からビールや飲料などの共同配送を行うと発表した。長距離トラックのドライバー不足に対応するほか、環境負荷の低減につなげるのが狙い。大手4社が物流でタッグを組むのは初めて。

 共同配送に参画するのはアサヒのほか、キリンビール、サッポロビール、サントリービール。これまで、札幌市近郊にある各社の拠点からそれぞれトラック配送を行ってきたが、いったん市内の共同倉庫に商品を集積。行き先ごとに4社の商品を混載し、鉄道とトラックを使って運ぶ。

 10トン超の大口荷物は従来通り、各社が個別にトラック配送する。 

最終更新:5/16(火) 18:28

時事通信