ここから本文です

【玉ノ井親方の視点】稀勢は序盤の5日目までをどう切り抜けるか

スポニチアネックス 5/16(火) 8:10配信

 ◇大相撲夏場所2日目(2017年5月15日 両国国技館)

 稀勢の里の勝因は左からおっつけ、そのまま差し込むことができたことだ。ケガをしている左腕を使えるかどうかが、今場所の鍵を握るとみていたので、それが分かってひとまず良かった。

 隠岐の海は四つ相撲で、体が大きく、懐も深いが、動きはそれほど速くない。横綱にとっては取りづらい相手ではない。初日と違って足がよく動いていたし、前に出ようという気迫が表れていた一番だった。

 横綱が今場所の出場を決めた理由は、ケガの回復もあっただろうが、何より場所前にやれるだけのことはやれた、という手応えがあったからだろう。それが、初日にいいところなく敗れて、自信が揺らぎかけたかもしれないが、これで少しは安心できたと思う。

 ただ、この一番で乗っていけるかとなると別問題。序盤の5日目までをどう切り抜けるか。3日目は鶴竜から初金星を奪った千代の国。初日の嘉風戦のように、下から攻め込まれると危ない。そうさせないためにも自分から攻めて、左だけではなく体全体を動かして取る必要がある。(元大関・栃東)

最終更新:5/16(火) 8:10

スポニチアネックス