ここから本文です

パナソニック、タブレット端末のバッテリー発火で無償交換へ

ITmedia NEWS 5/16(火) 19:25配信

 パナソニックのWindowsタブレット「FZ-G1」シリーズのバッテリーが相次いで発火した事故をめぐり、同社は5月16日、国内外に出荷した約28万個のバッテリーを無償交換すると発表した。「ご愛用のお客さまには大変ご迷惑をおかけした」と謝罪している。

【回収対象? バッテリーの確認方法】

 発火・損傷事故は、2015年3月~17年4月に日本で1件、北米で12件、欧州で2件、豪州で1件発生。バッテリーの製造過程で異物が混入し、温度変化が激しい環境で長時間使うと劣化が進みやすくなることが原因と判明したという。

 回収対象は、13年1月~17年3月に製造した27万9346個のバッテリー。バッテリーパックの品番は「FZ-VZSU84K」「FZ-VZSU84R」「FZ-VZSU84U」「FZ-VZSU89R」「FZ-VZSU96R」「FZ-VZSU97R」。回収・交換の申し込みは、電話窓口(0120-870-163)で受け付ける。

最終更新:5/16(火) 19:25

ITmedia NEWS