ここから本文です

コネクテッドカーで4K動画チャットや周辺状況のリアルタイム取得、ドコモとコンチネンタル

Impress Watch 5/16(火) 15:52配信

 コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンとNTTドコモは、コネクテッドカーの機能の拡張のため、第5世代通信方式「5G」や「セルラーV2X(Vehicle to everything)」の技術を利用した共同デモを実施する。また、共同研究を計画することにも合意した。

 今回の取り組みは、2020年以降の自動運転車両の普及を見据えたもの。コネクテッドカーのインフォテイメント機能の拡張や高精細画像の伝送などで必要な、車両をセルラー通信でつなぐための5G技術や、より具体的な「セルラーV2X」について、共同でデモや研究を行う。

 この取り組みで実現されるコネクテッドカーは、走行している車両の周辺の交通状況や天候などをリアルタイムに取得でき、事前のルート変更を含めて、ドライバーはより注意深い、安全運転が実現できるとする。

 共同デモは、5月24日から開催される東京ビッグサイトの「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」と、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2017横浜」の2つのイベント会場と、ドコモの研究開発拠点である横須賀リサーチパークにあるデモ車両の合計3拠点を5Gと専用の光回線で接続し、それぞれの拠点のカメラで撮影した4K動画をリアルタイムに接続する。これは、大容量の動画をリアルタイムで見られる、将来の自動運転車両の付加価値サービスのひとつとして提案される。

ケータイ Watch,太田 亮三

最終更新:5/16(火) 15:52

Impress Watch