ここから本文です

立大が勝ち点3=次週連勝ならV―東京六大学野球

時事通信 5/16(火) 17:33配信

 東京六大学野球春季リーグ戦第6週第3日は16日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、立大が早大を6―4で下し、2勝1敗で勝ち点3とした。6校が4カードを終えて優勝の可能性は東大以外に残ったが、立大は第7週の明大戦で連勝すれば、1999年秋以来の優勝が決まる。

 立大は一回に笠松(4年、大阪桐蔭)の適時打で先制。六回には5長短打を集めて4点を加えて逃げ切った。田中誠(2年、同)が六回途中まで1失点で3勝目。 

最終更新:5/16(火) 17:40

時事通信