ここから本文です

エプソン、カラータッチパネルを搭載した法人向けA4スキャナー「DS-780N」

Impress Watch 5/16(火) 16:05配信

 エプソンは16日、法人向けA4シートフィードスキャナーの新製品「DS-780N」を発表した。発売は5月25日。価格はオープンで、市場想定価格は7万円台後半。

 DS-780Nは、幅広い用紙に対応し、片面毎分45枚の高速スキャンを実現する、2.7インチカラータッチパネル搭載の有線ネットワーク標準対応モデル。

 用紙については、薄紙から厚紙までの厚さに対応し、破れやすい薄紙やしわが入った原稿は、スキャンスピードを落とす「低速モード」を利用することできれいにスキャンできる。身分証明などのカード類のスキャンや、医療機関で使用される心電図などの長尺紙についても最長約6mまでスキャンが可能。「重送検知スキップ」を選択することで、ラベルや付箋紙を付けたままの原稿も、キャリアシートなしでスキャンできる。

 用紙給紙は普通紙100枚までセットでき、A3・B4サイズの原稿などに使用するキャリアシートは同時に10枚セットできる。片面毎分45枚、両面同時読み取りでは毎分90ページの高速スキャンが可能。100万ページの耐久性を備え、スキャンボリュームの多い用途でも利用できる。

 エプソンのA4シートフィードスキャナーでは初めて搭載した2.7インチカラータッチパネルにより、分かりやすく直感的な操作が可能。アプリケーションソフト「Document Capture Pro」と連携することで、タッチパネルだけでスキャンからPC保存、転送までの一括操作を行える。

 USB 3.0による接続のほか、有線ネットワーク(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)に標準対応し、複数のPCで共有使用が可能。専用のアプリケーション「Document Capture Pro Server AE」を使用した場合は、ICカードやID/パスワード入力による認証スキャンが可能になる。システム管理者があらかじめ登録した個人ごとのジョブ一覧が表示され、複数のPCで共有している場合でも、操作を誤ることなく速やかにスキャンを実行できる。

 エプソンでは、新商品を含めたシートフィードスキャナーについて、今後1年間で約2万台の販売を目標とする。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:5/16(火) 16:05

Impress Watch