ここから本文です

PCを猫の手で妨害 「ニャンサムウェア」の被害報告、Twitterで続々と 「感染したい」の声も

ねとらぼ 5/16(火) 22:03配信

 日本でも被害が報告され注目が集まっている「ランサムウェア」(身代金要求型ウイルス)。その一方Twitterではネコの飼い主たちから、PCに混乱をもたらす脅威「ニャンサムウェア」の存在を知らせる写真が相次いで投稿されています。かわいい顔してなんて恐ろしいんだ、ニャンサムウェア!

【ニャンサムウェア被害の例】

 主なニャンサムウェアの被害は、ウイルス(※ネコ)がキーボードの上にのっかり打鍵しづらくなる、ディスプレイを隠す、マウス操作を妨害するなど。脇においている飲み物を飲まれたり、近くの鉢を倒されるなど、PC周りまで猛威を振るうケースも報告されています。

 さらに感染範囲はPC周辺を飛び出し、プレイ中のゲーム機の電源ボタンを押す、クーラーの送風口をいじるなど、さまざまな形の被害が確認されています。迷惑を被っているにもかかわらず、なぜか心が緩んでしまうニャンサムウェア。Twitterでは「ウチの職場にもニャンサムウェア感染拡がって欲しい」「恐ろしいが抗えぬ強さがある」とむしろ感染を希望する声が広がっています。

最終更新:5/18(木) 12:29

ねとらぼ