ここから本文です

那覇―本島北部間に高速船=政府検討

時事通信 5/16(火) 18:12配信

 政府は16日、沖縄県の観光振興を後押しするための2017年度の事業をまとめた「沖縄観光ステップアップ戦略2017」を策定した。

 那覇と本島北部の本部を結ぶ高速船の導入を検討する方針を明記した。関心のある企業や自治体を対象に、6月にも公募する。

 同戦略は沖縄県が3月、21年度までの達成を目指す年間目標観光客数を、1000万人から1200万人に上方修正したことを受けた措置。那覇―本部間は現在、バスで約2時間かかるが、高速船を導入すれば約40分間短縮できるという。戦略には、離島の空港を活用した小型飛行機での周遊観光の検討も盛り込んだ。 

最終更新:5/16(火) 18:12

時事通信