ここから本文です

辺野古、国連で声明へ=基地反対リーダー―沖縄

時事通信 5/16(火) 18:18配信

 沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)は16日、沖縄県庁で記者会見し、6月にスイス・ジュネーブで開かれる国連人権理事会の本会議に出席し、声明を発表する方向で調整していると明らかにした。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、「市民の抗議活動に機動隊が過剰な弾圧を行っている」などと訴える。

 山城議長は基地建設に反対する住民のリーダーで、辺野古などでの抗議活動について、傷害罪や威力業務妨害罪に問われている。会見で「抵抗における表現活動が、形式的な法で規制されている」と述べた。 

最終更新:5/16(火) 18:26

時事通信