ここから本文です

<トプコン>北九州に研修施設 建設現場の自動化を学ぶ

毎日新聞 5/16(火) 20:47配信

 精密機器メーカー、トプコンは16日、建設現場の自動化に対応する研修施設を7月20日に北九州市若松区に開設すると明らかにした。同社の研修施設は全国で3カ所目。建設現場の自動化は人手不足や熟練工の高齢化などから国も重要施策としており、同社は「福岡を自動化の先進県にしたい」としている。

 研修施設は自動化した場合の測量法や建設機械の操作を学ぶ。既にプレオープンしている。

 同社は全地球測位システム(GPS)など計測分野で高い技術を有しており、センサーや情報技術を組み合わせて建設機械や農業機械を自動化する事業に注力している。特に建設現場の自動化は、生産性を向上させる切り札として国も期待している。

 同社の平山貴昭執行役員は「中国地方や九州の地場業者の対応力を上げていく拠点にしたい」と話した。【高橋慶浩】

最終更新:5/16(火) 20:47

毎日新聞