ここから本文です

【東都準硬式】専大が3つ目の勝ち点

スポーツ報知 5/16(火) 16:27配信

◆東都大学準硬式野球春季リーグ戦1部 専大7―3東洋大(16日・上柚木公園)

 東洋大は初回1死3塁で多田龍ノ介(3年=高松西)が犠飛を放ち先制。追う専大は五十嵐健(2年=常総学院)の適時打で追いつくと、4回には大野恵和(3年=専大松戸)、桂川海輝(3年=専大北上)、杉山滉生(3年=専大北上)の適時打で3点を勝ち越し。6回には今季初スタメンの石川真大(1年=緑岡)のの中越え適時三塁打、上野滉平(2年=県岐阜商)の犠飛で3点を加えた。東洋大は5回、若原笙弥(2年=九州学院)、多田の適時打で2点を返したが、専大の継投に反撃を断たれた。

 石川真大「デビュー戦で緊張しましたが、先輩方の応援に後押しされ結果を残すことができました」

 【東都大学準硬式野球連盟加盟校】

 ▽1部 中大、国士舘大、日大、東海大、東洋大、専大

 ▽2部 法大2、筑波大、亜大、青学大、国学院大、日体大

 ▽3部 帝京大、駒大、千葉大、城西大、独協大、上智大

 ▽4部 東農大、明治薬科大、一橋大、首都大学東京、成蹊大、千葉経済大

 ▽5部 立正大、千葉商科大、東京農工大、学習院大、東京理科大、健康科学大

 ▽6部 東京工業大、東京薬科大、東京電機大、電通大、日本獣医生命科学大

初スタメンで中越え適時打を放った専大・石川

最終更新:5/16(火) 16:27

スポーツ報知