ここから本文です

<首相>北朝鮮ミサイル「容認できない」 米軍司令官と会談

毎日新聞 5/16(火) 20:53配信

 安倍晋三首相は16日、ハリス米太平洋軍司令官と首相官邸で会談し、北朝鮮のミサイル発射について「重大な脅威で断じて容認できない。日米で連携して北朝鮮に圧力をかけなければならない」と述べ、ハリス氏も「挑発は容認できない」と応じた。

 首相は会談で、4月に西太平洋で行われた米海軍と海上自衛隊による共同訓練に触れ、「先般の米空母打撃群との共同訓練は、日米の地域の平和と安定に対する決意を示すものだった」と指摘した。ハリス氏は岸田文雄外相、稲田朋美防衛相とも個別に会談した。

 岸田氏はこれに先立ち、ティラーソン米国務長官と電話で協議し、日米韓3カ国で引き続き緊密に連携することを確認。北朝鮮への対応で、中国がさらに役割を果たすのを期待することでも一致した。【梅田啓祐】

最終更新:5/16(火) 20:53

毎日新聞