ここから本文です

<男子テニス>八百長で三橋元選手を永久追放

毎日新聞 5/16(火) 20:59配信

 テニスの不正監視団体、TIUは16日、八百長行為などの不正があったとして、男子の三橋淳元選手(27)に永久資格停止と罰金5万ドル(約570万円)の処分を科したと発表した。日本テニス協会によると、日本選手が八百長で処分されるのは初めて。

 三橋元選手のシングルス世界ランキングは2009年に記録した295位が最高。05年には16歳以下の国別対抗戦ジュニア・デビス杯で、錦織圭(日清食品)とともに日本代表として戦った。

 TIUによると、15年11月に南アフリカで行われた下部ツアー大会で、かつて自身がコーチを務めた選手を通じて、シングルスは2000ドル(約23万円)、ダブルスは600ドル(約7万円)でわざと負けるよう海外選手に働きかけた。同年12月のナイジェリアでの下部ツアーでも別の選手に八百長を持ちかけたという。また、15年10~11月にかけてテニスの試合で76回の賭博行為を行った。三橋元選手はTIUの調査への協力を拒否しているという。

 三橋元選手は神奈川県出身。07年11月にプロに転向し、下部ツアーを転戦していた。

 テニス協会の関係者は「ショックだ。八百長を持ちかけたのは選手としてのピークは過ぎた時期で、追い込まれていたのかもしれない」と話した。【松本晃】

最終更新:5/16(火) 21:32

毎日新聞