ここから本文です

<退位法案>与野党合意 衆院は議運で審議、参院は特別委で

毎日新聞 5/16(火) 21:02配信

 与野党は16日、天皇陛下の退位を実現する特例法案について、衆院は議院運営委員会、参院は新設する特別委員会で審議することで合意した。自民・公明両党は衆参いずれも内閣委員会で法案を扱うことを検討していたが、少数会派に発言の機会を与えるには内閣委は不適当と野党側が指摘し、与党が譲歩した。

 自民党の竹下亘、民進党の山井和則両国対委員長は電話で協議し、衆院議運委で法案を扱うことで合意。参院側も自民、民進両党の国対委員長が会談し、特別委への付託を決めた。竹下氏は記者会見で「衆院議長と副議長が同席してもらえる権威ある議運委で審議しようということで決着した」と説明した。

 衆院議運委に委員を出していない社民、自由両党には、自民党が議席を譲る。参院特別委では全会派が参加できるよう調整する。

 特例法案は19日に政府が閣議決定し、同日中に国会に提出される見通し。

【光田宗義】

最終更新:5/16(火) 21:02

毎日新聞