ここから本文です

ニッチェ近藤、Ms.OOJAは「キレイで、勉強もできて、ずりいなと思った」中学時代テニスで対戦

スポーツ報知 5/16(火) 19:07配信

 シンガー・ソングライターのMs.OOJA(ミスオオジャ、34)が16日、都内で行われたDREAMS COME TRUE公認のカバーアルバム「Ms.OOJAの、いちばん泣けるドリカム」の発売記念イベントに、お笑いコンビ・ニッチェと登場した。

 ニッチェの近藤くみこ(34)とは同じ三重・四日市市出身で、近隣の中学校の同級生。近藤から「テニス部でよく対戦してた。身長が高いのに前衛でめっちゃこわくて、1回も勝ったことない。運動神経抜群でキレイで、勉強もできて、ずりいなと思った」と褒めちぎられた。相方・江上敬子(32)から「近藤さんは当時、JUDY AND MARYのYUKIに似てたって本当?」と聞かれたオオジャは、「思ったことはない…」と即答した。

 ステージでは冒頭、目隠しをした観客を前にニッチェが「何度でも」を熱唱。目隠しを取ってネタばらしをした後、オオジャが登場した。高校時代にカラオケで歌唱し、友達が涙したことから歌手を志すきっかけとなった「三日月」などを聴かせた。

 ドリカムの泣ける曲を厳選したアルバムを「泣きたい時に聴いてください」とアピール。ドリカムのヒット曲にちなみ、自身の「未来予想図」を聞かれ「50、60、70歳になっても歌い続けたい」と語った。

最終更新:5/16(火) 19:07

スポーツ報知