ここから本文です

「農家民宿」が旅行企画=秋田県仙北市で初解禁―特区

時事通信 5/16(火) 20:17配信

 政府は16日、国家戦略特区の関連会合を開き、観光客向けに農家を宿泊施設に使う「農家民宿」が地域旅行の商品を企画することを認める秋田県仙北市の事業計画を承認した。

 全国初の規制緩和措置で、特区諮問会議での正式な認定を経て9月をめどに実現する見通し。

 旅行業務を扱うには本来、国家資格が必要だが、仙北市は試験内容を簡素化した地域限定の資格を導入する。観光客は「農家民宿」に滞在し、登山やそば打ち体験など地域資源を生かした旅行を楽しめるようになる。 

最終更新:5/16(火) 21:27

時事通信