ここから本文です

コーンズ、約250台のフェラーリが参加する「コーンズ・サーキット・エクスペリエンス 2017」

Impress Watch 5/16(火) 21:09配信

 コーンズ・モータースは5月28日、フェラーリのF1マシン、クラシックカー、最新モデルなど約250台が集結する「コーンズ・サーキット・エクスペリエンス 2017」を富士スピードウェイで開催する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同イベントは、全国のフェラーリオーナーとその家族や友人などのフェラーリファンのために企画されたもの。開催7回目となる2017年はフェラーリの日本における公認オーナーズクラブ「フェラーリ・オーナーズクラブ・ジャパン」との共催により、過去最大の約250台が参加する。

 プログラムは、フェラーリオーナーによる「フリースポーツ走行」「アクティブファミリー走行」などの各種サーキット走行のほか、フェラーリF1マシンのデモンストレーション走行を実施。

 各種パレードランも実施され、「FOCJ パレード」では最新モデル「ラ・フェラーリ」「ラ・フェラーリ・アペルタ」も登場予定、「クラシック フェラーリ パレード」には「フェラーリ・ディーノ」などの希少なクラシケ・モデルが参加する。

 ホスピタリティエリアでは、子供も楽しめる電動カート体験やカリスマパティシエの神田広達氏によるスイーツ教室も行なわれ、協賛企業によるブース出展と合わせて家族で楽しめるイベントとした。

 また、グランドスタンドでの一般観覧も実施され、ゲート入場料は2000円。中学生以下は入場無料。

Car Watch,編集部:椿山和雄

最終更新:5/16(火) 21:09

Impress Watch