ここから本文です

<プロ野球>広島、集中打で逆転勝ち DeNAは3連敗

毎日新聞 5/16(火) 21:59配信

 ○広島10-1DeNA●(広島しまなみ・16日)

 広島が集中打で逆転し、3連勝。1点を追う五回、石原の左犠飛や田中、菊池の連続適時打など打者10人で5点を挙げ、八回も5点を加えた。先発の野村は丁寧な投球で7回1失点。DeNAは先発・浜口が五回に四球から崩れて3連敗。

 ○…広島は先発・野村が7回1失点と好投し、今季3勝目を挙げた。地方球場の慣れないマウンドのため、「少し探りながら投げた」とスライダーやシュートなど変化球を低めに集めた。五回に1点を先取されたものの追加点を許さず、その裏に味方打線の逆転を呼び込んだ。「流れを作れた」と先発の役割を果たす内容。昨季に最多勝と最高勝率の2冠に輝いた右腕が、今季も安定感のある投球を披露している。

 ○…DeNA先発の浜口は突然制球を乱し、五回途中で降板。四回まではチェンジアップを駆使して緩急を使い、広島打線を無安打に抑えた。ところが、1点リードの五回、先頭から2者連続四球を与えるなど制球が乱れ、この回だけで被安打3、4与四球で5失点。自身3連敗となったドラフト1位左腕は「調子はあまり良くなかったが、四回までは粘ることができていた。五回は修正し切れなかった」と反省していた。

最終更新:5/16(火) 23:13

毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 4:15