ここから本文です

EPO、2月に母親が死去「涙は一滴も出ません」と複雑な親子関係も告白

スポーツ報知 5/16(火) 21:02配信

 シンガー・ソングライターのEPOが16日、自身のブログで実母が2月12日に死去していたことを明かした。

 「母の日に思う」の題名で、「『お母さんが好き』と、言える人は、幸せですね」とつぶやいたEPO。家族から他界した知らせがなく、四十九日を超えてから沖縄で親しい人と式を行って送り出したという。

 「私が受けた虐待の記憶、言葉の暴力、虚言、悲しい記憶は、今でも私の心や体に残っていますが、何故、母がそうなってしまったのかを、理解することで、母への嫌悪感の質は、以前とは少し違ってきたように思います」と、複雑な親子関係を告白。「今でも母が亡くなったことに、涙は一滴も出ません」としつつも、「母は、心の苦しみから開放され、私の本当の私のお母さんになって、天国から私を見守っていてくれることでしよう」とつづった。

 EPOは、オレたちひょうきん族のエンディングテーマ「DOWN TOWN」や「う、ふ、ふ、ふ」で知られる。08年にセラピストの男性と結婚した。

最終更新:5/16(火) 21:02

スポーツ報知