ここから本文です

錦織とダブルス組んだ三橋が永久追放 八百長で罰金約560万円

スポニチアネックス 5/16(火) 19:17配信

 テニスの不正監視団体のTIUは16日、元プロの三橋淳(27)に永久追放処分と罰金5万ドル(約560万円)を課すと発表した。三橋は16歳以下の国別対抗戦、ジュニア・デビス杯の日本代表にも選ばれたことがあり、05年大会では錦織圭(27=日清食品)とともにダブルスで活躍した選手だった。

 TIUによれば、三橋は15年11月に南アフリカで行われたツアー下部のフューチャーズ大会で、自分が元コーチをした選手を通じて対戦相手に八百長をもちかけた。八百長の見返りはシングルスで2000ドル(約22万円)、ダブルスで600ドル(約6万8000円)だったという。

 同12月のナイジェリアの大会では、今度は相手に直接、八百長を持ちかけた。それ以外に同年の10月から11月にかけて、選手は禁止されているテニスを対象とした賭博を76回も行っていたことも判明。TIUは再三、聞き取り調査及び弁明の機会を与えようとしたが、三橋本人がこれを拒否し、処分が決定された。

 三橋は09年の全日本選手権では4強入りし、フューチャーズでは通算6勝を挙げた。世界ランキングは09年にマークした295位が最高で、15年11月の1997位を最後にランキングは消滅している。日本テニス協会への選手登録も16年以降は更新していない。

 TIUはテニスの不正撲滅を目的に08年に設立された組織で、日本人が処分を受けるのは初めて。

最終更新:5/17(水) 20:37

スポニチアネックス