ここから本文です

鈴木、制球難を反省=プロ野球・中日

時事通信 5/16(火) 22:33配信

 中日の鈴木は制球が定まらなかった。一回、中谷に甘く入ったフォークを左翼席へ運ばれ、「ボール球を投げるぐらいのつもりで、決め球を投げ切らなければいけなかった」と悔やんだ。

 五回には味方が1点返した直後、2死から2連続四球で降板。糸原の走者一掃二塁打につながり、「そういうところをなくさないといけない」と反省した。

最終更新:5/16(火) 22:39

時事通信