ここから本文です

大学時代から「王子」=真面目で明るいムードメーカー―お相手の小室さん・同級生ら

時事通信 5/16(火) 22:47配信

 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)が婚約されるお相手の小室圭さん(25)について、友人らは「真面目で明るいムードメーカー」と口をそろえる。

 神奈川県藤沢市の観光などをPRする「海の王子」を務めたことから、大学時代はその明るく爽やかな性格と合わせて「王子」とも呼ばれていた。

 藤沢市観光協会のサイトによると、小室さんは、2010年度の「湘南江の島 海の王子」を務める抱負について、「湘南藤沢の魅力をグローバルな視点から皆さまにお届けできたらうれしいです」などとしていた。趣味はバイオリンとスキー、料理。将来の夢は「外交に携わる」となっている。高校までインターナショナルスクールで過ごしたという。

 国際基督教大学(ICU)で同級生だった会社員男性(25)は「陽気で周囲を笑わすことが好きなムードメーカーだった」と振り返る。「圭ちゃん」と呼ばれ、友人も多かった。「彼なら笑いの絶えない家庭を築くことができると思う」と祝福した。

 友人らによると、小室さんが「海の王子」を務め、活動していることが分かると、周囲から「王子」「プリンス」とも呼ばれるようになったという。

 ICUで何度かビジネス関係の授業で一緒だった友人の会社員男性(25)も「人当たりがよく、誰とでも仲良くなれる。いつも笑顔を浮かべ、物まねで周囲を笑わせていた」と話す。

 小室さんはICUでは経済と国際関係を学び、在学中に留学もしたという。国際関係の授業を一緒に受け、ディスカッションのグループで一緒だったという会社員男性(24)は「真面目に熱心に取り組み、みんなのまとめ役だった」と、リーダーシップを発揮していた一面も語る。

 大学時代に寮で一緒だった後輩の会社員男性(23)によると、英語が堪能で、寮では米国人留学生とよく将来の夢などを話していた。

 入学後の寮のイベントではアニメキャラクターのコスプレをしたことも。寮の飲み会にもよく顔を出していたが、「課題がある」と2次会には参加しないこともあり、「よく遊びよく勉強していた印象がある」。

 この男性は「眞子さまとも話したことがあるが、二人とも上品でお似合いだと思う。幸せになってほしい」と話した。 

最終更新:5/16(火) 23:36

時事通信