ここから本文です

【オークス・和田騎手に聞く】モズカッチャン、流れに乗って前走の再現だ!

スポーツ報知 5/17(水) 7:02配信

◆第78回オークス・G1(芝2400メートル、21日・東京競馬場)

 ―3連勝でフローラSを制し、勢い十分のハービンジャー産駒のモズカッチャンとオークスに参戦する。

 和田騎手(以下、和)「前走は2000メートルだったし、枠もちょうどよいところ(1枠1番)で、流れも良かった。最後はいい脚だったし、力関係は分からないけど、本番でも付け入る隙はあると思う」

 ―デビュー2戦目からコンビを組んでいるが、この馬の持ち味は。

 和「中山(500万)を勝った時は重たい馬場で、決してうまく乗れなかったけど、牝馬にしては強い勝ち方だった。坂も上手だし、マイナス面が少ない馬。3連勝も、小倉、中山、東京と全部輸送で挙げている。イレっぽな(イレ込む)部分があるので、とにかくゲートさえ良ければ。ゲート以外は文句ない」

 ―2400メートルに距離が延びるのはどうか。

 和「折り合いさえつけば、気を抜いて走れるし、距離は大丈夫だと思う。生命力が強いし、牡馬みたい。中山のきつい馬場をこなせるのは並の精神力じゃないからね。前回も多少はイレ込んでいたけど、あの競馬をしてくれるなら許容範囲。東京コースを走れたのは分があると思う」

 ―ジョッキー自身も、関西リーディング3位の39勝(16日現在)と好調。オークスは過去2度参戦して〈13〉〈16〉着。

 和「あんまり牝馬は合わないんだけど(笑い)、この馬はいい意味で牝馬らしくない安心感がある。今回も流れにさえ乗れれば、(前走のような)あの脚を使えるはず」

最終更新:5/17(水) 13:27

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ