ここから本文です

辻仁成氏、監督作品「TOKYOデシベル」は「文芸作品でなくホラー」

スポーツ報知 5/16(火) 22:35配信

 芥川賞作家でミュージシャンの辻仁成氏(57)が原作・脚本・監督を務める映画「TOKYOデシベル」(20日公開)のプレミアム試写会が16日、都内で行われた。

 ロックバンド「SOPHIA」の松岡充(45)が主演。「東京に音の地図を作る」という夢を持つ大学教授・宙也(松岡)と調律師の恋人・フミ(安達祐実)、謎の女マリコ(安倍なつみ)が絡み合う悲しい男女の物語だ。

 この日のあいさつに立った辻氏が「これは文芸作品ではなく、ホラーです。安達さんの目が怖いから」と紹介。共演の長井秀和(47)も「怖いですね。何回か石になりました」とヒロインを妖怪扱いした。

 辻氏は「これは長井さんの復活をかけた作品」と冗談気味にPR。最近、表舞台から遠ざかり気味の長井も「ヒットは間違いない! 分からない人は調べてね」と呼びかけていた。

最終更新:5/16(火) 22:35

スポーツ報知