ここから本文です

【巨人】中井、堅守で菅野援護 3回に安打性の当たり阻止

スポーツ報知 5/17(水) 6:34配信

◆巨人5―1ヤクルト(16日・東京ドーム)

 巨人・中井が堅実なプレーでエースを援護した。2点リードの3回1死。ヤクルト・西浦の放った打球は一塁・阿部のファーストミットの先端に当たった。打球の方向が微妙に変わり右前に抜けそうだったが、うまく回り込んで正面で捕球。ベースカバーに入った菅野に送球し、二ゴロに抑えた。「あれぐらい普通ですよ」。他にも2つのゴロと1飛球を確実にさばき、相手のチャンスの芽を摘んでいった。

 14日の広島戦(マツダ)では1点リードの3回1死二塁で、菊池の打球をファンブルして後逸した。その間に同点の走者が生還し、逆転負けにつながった。試合後には「打てない、守れないじゃ話にならない。チームに迷惑をかけてしまった」と悔しさを口にした。翌15日は休日返上で打撃練習を敢行。何とかチームの力になりたい一心が、体を練習へと向かわせた。

 バットでは2打数無安打も5回先頭で四球を選び出塁。1死一、三塁から立岡の右前打で中押しとなる3点目のホームを踏んだ。「バッティングも守備もまだまだ。何も納得できるようなことはしていない。出ている以上はもっともっと貢献していきたい」と中井。貪欲な姿勢を成長につなげる。(長井 毅)

最終更新:5/17(水) 22:29

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 21:30