ここから本文です

具志堅用高会長、“挑発質問”連発で王者を混乱に陥れる

スポーツ報知 5/17(水) 6:05配信

◆報知新聞社後援 WBC世界フライ級タイトルマッチ 王者・ファン・エルナンデス―同級1位・比嘉大吾(20日、東京・有明コロシアム)

 前東洋太平洋フライ級王者でWBC同級1位・比嘉大吾の挑戦を受ける同級王者ファン・エルナンデスが16日、都内の帝拳ジムで練習を公開。練習前の会見では、視察した比嘉陣営の具志堅用高会長(61)が“挑発質問”を連発し、王者を混乱に陥れた。

 元WBA世界ライトフライ級王者で13度防衛の日本記録を持つ具志堅会長の目が鋭く光った。会見で最前列に陣取り「ひとついいですか?」と手を挙げた。

 具志堅会長(以下、具)「ダウンしたことはある?」

 エルナンデス(以下、エ)「軽いダウンもない」

 具「体重はどれくらいオーバーしている?」

 エ「問題ない。2キロあるかないか」

 エルナンデス陣営が戸惑いを見せると、周囲から比嘉陣営の会長という情報がもたらされた。すると元世界王者でトレーナー兼マネジャーのイサック・ブストス氏が反撃した。

 ブストス氏(以下、ブ)「スパイに来たんですか?」

 具「練習を見に来たんだ」

 ブ「ようこそ」

 具「用高、ようこそ」

 ギャグを飛ばしてジム内に笑いを巻き起こした。さらに「スパーリングをしてよ」と何度も要求したが、披露されなかった。具志堅会長は「会話して分かったがハートは弱い。大吾がいつものボクシングをすればKOできる」と予告した。

最終更新:5/17(水) 18:51

スポーツ報知