ここから本文です

『坂道のアポロン』サイトで事故報告 キャストは「身体に異常のないことを確認」

5/16(火) 15:54配信

オリコン

 Hey! Say! JUMPの知念侑李(23)、俳優の中川大志(18)、女優の小松菜奈(21)らが出演する映画『坂道のアポロン』(2018年公開)の撮影中の14日、ロケ地の長崎・佐世保にて海上タクシーでの事故が発生したことを受け、15日の同作の公式サイトで事故についてコメントが発表された。

【画像】『坂道のアポロン』原作カット

 「映画撮影時、移動中の海上事故に関して」と題したメッセージで、「報道されております5月14日の海上タクシーでの事故に関して、ご報告致します。事故を起こした船には、映画のキャスト・スタッフ11名が乗船しておりました」と現状を説明。一部メディアで乗客が負傷したと報じられたが「キャスト3名(知念侑李さん・中川大志さん・小松菜奈さん)は事故直後、病院で精密検査を受け、身体に異常のないことを確認しております」と伝えた。

 また、スタッフ2名が助骨の骨折などを負ったが、「生活には支障なく、回復に向かっております」と報告。「ファンの皆様には大変なご心配をお掛けして、誠に申し訳ございません」と謝罪し、「今後も映画撮影は続けて参りますので、ご安心いただければ幸いです」と呼びかけている。

 同作は1960年代の長崎・佐世保市を舞台に、父を亡くし都会から引っ越してきた優等生で内向的な主人公・西見薫(知念)が、“札付きの不良”と恐れられるクラスメート・川渕千太郎(中川)との友情や、千太郎の幼なじみ・迎律子(むかえ りつこ、小松)への片思いを経験し成長していく姿を描く。ピアノを弾く薫が千太郎のドラム演奏と出会うことでジャズの魅力に目覚め、2人でセッションを繰り広げる姿も原作の大きな見どころ。

最終更新:5/16(火) 15:56
オリコン