ここから本文です

俳優・日下武史さん死去 86歳 劇団四季創設メンバー

5/16(火) 17:49配信

オリコン

 劇団四季創設メンバーの一人として知られる俳優の日下武史(くさかたけし 本名=日下孟)さんが15日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため静養先のスペインで亡くなったことがわかった。86歳だった。

【画像】『ヴェニスの商人』など…舞台に立つ日下武史さん

 日下さんは慶應義塾高校在学中より、浅利慶太氏らとともに劇作家・加藤道夫に師事し、同大学文学部仏文科在学中の1953年に9名の仲間たちと共に劇団四季を結成。翌54年に、旗揚げ公演として『アルデール又は聖女』を上演して以来、ストレートプレイ(台詞劇)からミュージカルまで、幅広く活躍した。

 出演作品は、『エクウス』(マーティン・ダイサート役)、『ヴェニスの商人』(シャイロック役)、『スルース』(アンドリュー・ワイク役)、『鹿鳴館』(影山悠敏伯爵役)、『赤毛のアン』(マシュー・カスバート役)など。一方で、声優やナレーターとしても活躍し『アンタッチャブル』(エリオット・ネス役)、『アマデウス』(アントニオ・サリエリ)などの吹き替えを務めた。91年には芸術奨励文部大臣賞、96年に紫綬褒章、02年に勲四等旭日小綬章などを受章。

 劇団四季によると、葬儀は近親者のみで執り行い、後日お別れの会を行う予定。

最終更新:5/16(火) 17:52
オリコン