ここから本文です

桃田選手(富岡高出身)処分解除 27日から復帰戦 「真摯に取り組む」

5/16(火) 9:16配信

福島民報

 違法賭博問題で昨年4月に日本バドミントン協会から無期限の試合出場停止を科された桃田賢斗選手(22)=NTT東日本、富岡高出身=の処分が15日、解除された。桃田選手は復帰戦として27日開幕の日本ランキングサーキット大会(31日まで、さいたま市)にエントリーした。
 NTT東日本によると、桃田選手は15日、千葉県市川市の同社施設で練習した。桃田選手は「これまで皆さまにご心配とご迷惑をおかけしたことに対し、大変申し訳なく思っております。一層バドミントンに真摯(しんし)に取り組み、応援される選手になれるよう日々精進してまいります」とコメントを発表した。
 桃田選手は同僚の選手と違法カジノ店で賭博をしていたことが明らかになり、日本バドミントン協会から処分を受けた。桃田選手はNTT東日本の出勤停止処分が明けた昨年5月30日に練習を再開した。社会貢献活動として各地のバドミントン教室に参加し、2月には福島県郡山市で児童、生徒に指導した。

■激励の言葉相次ぐ 県内関係者

 桃田選手の処分解除を受け、福島県内のバドミントン競技関係者は激励の言葉を送った。
 富岡高で桃田選手を指導した本多裕樹ふたば未来学園高バドミントン部監督(32)は「東京五輪を目指し、世界の舞台で力を発揮してほしい。桃田選手の活躍は後輩の奮起につながる」と期待した。
 永井祥一県バドミントン協会長(75)は「富岡高時代からの粘り強さを生かし、精進してくれるはずだ。晴れ舞台での雄姿をぜひ見せてほしい」とエールを送った。

福島民報社

最終更新:5/16(火) 9:46
福島民報