ここから本文です

須賀川市役所にブロンズ像 五輪メダリスト故円谷幸吉選手

福島民報 5/16(火) 10:32配信

 福島県須賀川市出身で東京五輪男子マラソン銅メダリストの故円谷幸吉選手のブロンズ像が市役所一階にお目見えし、15日に除幕式が行われた。
 須賀川市出身の彫刻家・故佐藤義重氏が手掛けた円谷選手の石こう像を基に、市内のリサイクル業「釜屋」が制作し、市役所新庁舎完成を祝って市に寄贈した。
 高さ約130センチで、力強い表情で正面を見据え、在りしの日の力走する姿を今に伝えている。
 除幕式では釜屋の近藤準一会長、橋本克也市長、円谷選手の兄喜久造さんらが幕を引いた。近藤会長は「2020年の東京五輪が近づいている。像を見た市民が郷土の偉人の偉業を改めて誇りに感じてほしい」と話した。

福島民報社

最終更新:5/16(火) 11:19

福島民報