ここから本文です

【サッカーコラム】U-20W杯は韓国で行われるが合宿は日本で イングランドと淡路島は最高のモデル

サンケイスポーツ 5/16(火) 21:00配信

 【No Ball,No Life】U-20(20歳以下)W杯がいよいよ、20日に韓国で開幕する。5大会ぶりに出場する日本代表は、韓国への出発前に行われた親善試合(15日、静岡・エコパスタジアム)でホンジュラスに3-2で勝利。本番前、最後の実戦できっちりと勝利を収めた。

 隣国・韓国での開催。親善試合で対戦したホンジュラス以外にも米国やポルトガル、イングランドが日本で事前合宿を実施した。時差や気候に適応するため、大会前に近隣国で合宿を行うのは珍しいことではないが、韓国での大会にもかかわらず、日本が複数の国に合宿地として選ばれた。

 米国代表は大阪で合宿を行い、13日にはU-20W杯の出場メンバーから漏れた日本代表候補選手たちと練習試合を行った。イングランド代表は、兵庫・淡路島で合宿を行った。2002年日韓W杯でベッカム、オウェーンらを擁するA代表のチームが当地をベースキャンプ地としていたという縁があり、淡路島が選ばれた。

 U-20イングランド代表の選手は、02年W杯メンバーのサイン入りユニホームが飾られた宿舎に泊まり、ベッカムらが汗を流した練習場で調整に努めた。イングランド側から「淡路島で合宿を行いたい」とのリクエストが県などに入り、合宿が実現したという。

 日韓大会から続くイングランドと淡路島の絆が実り、日本協会の関係者は「うれしい話です」と喜びの声を上げた。

 19年のラグビーW杯や20年の東京五輪を控える日本にとって、今回のイングランドと淡路島の関係は最高のモデルケースだ。イングランドは日韓W杯で8強入り。U-20W杯でも好成績を残せば、東アジアで国際大会が行われるたびに、イングランドは淡路島で合宿を行う慣習が定着するかもしれない。

 来年の平昌五輪でも、日本での事前合宿を予定しているチームは少なくない。恵まれた環境は、日本スポーツ界全体の武器。ホスト国として大会を誘致するだけでなく、近隣国で行われる大会でも力を発揮できるはずだ。(清水公和)

最終更新:5/22(月) 22:48

サンケイスポーツ