ここから本文です

政府が女子学生向けインターンシップの門戸拡大 今年は400人に

産経新聞 5/16(火) 17:58配信

 山本幸三国家公務員制度担当相は16日の記者会見で、大学や大学院の女子学生向けに実施している省庁インターンシップの定員を、今年は昨年から100人増やし、400人に拡大すると発表した。より多くの女子学生に女性職員との交流や政策の企画・立案の過程を体験してもらうことで、国家公務員試験受験者に占める女性比率の引き上げにつなげる狙いだ。

 インターンシップの開催は今年で3回目。昨年は300人の定員に対し745人の応募があった。

 今年は9月4~15日の平日に、内閣人事局のほか、2つの府省庁でインターンシップを実施。内閣人事局は大学1、2年生と地方大学の学生を積極的に受け入れる方針で、地方の学生には宿泊先も紹介する。定員のうち約100人は理系学生向けの技術系職種とする。

 山本担当相は「女性の活躍推進は政府の最重要課題の一つ。学生の積極的な参加を期待したい」と話した。

 応募は各大学を通じて行い、締め切りは6月19日。詳細は内閣人事局のホームページに掲載している。

最終更新:5/16(火) 17:58

産経新聞