ここから本文です

太陽のまわりに光の輪出現 高知・高知市

テレビ高知 5/16(火) 15:53配信

テレビ高知

15日の日中、空を見上げて太陽の周りに傘がかかったような、虹が出たような光景をご覧になった方も多いと思います。虹色現象といわれ、雲の中にある氷の粒に太陽の光が屈折してできる現象だということです。

こちらは高知市の山岡衣玲さんからお寄せいただいた画像です。仕事中にふと空を見上げると、太陽の周りに虹がかかったようできれいだったということです。

こちらは高知市の伊藤百合惠さんが梅の収穫中に撮影した画像です。気象台によりますと、15日午後1時過ぎから太陽のまわりに虹がかかったような現象が出ているとの情報がありました。

これは虹色現象と呼ばれ、太陽の周りに現れる、虹のような光の輪のことです。雲の中にある氷の粒に太陽の光が屈折してできる現象で、うすい雲が太陽にかかった時に見られるということです。

天気が下り坂になるサインという説もありますが、気象台によりますと16日は午後から多少雲が出やすくなるものの、おおむね晴れそうだということです。

最終更新:5/16(火) 15:53

テレビ高知