ここから本文です

ー20歳の美貌を叶える、ハル・ベリー(50歳)のヘルシー生活

5/16(火) 7:20配信

ELLE ONLINE

去る3月、ハル・ベリーはインスタグラムに腕を大きく広げた写真に、スナックファンであることをポスト。長年糖尿病と戦ってきた彼女が明らかにしたこの事実のみならず、50歳とは思えない素晴らしい身体の持ち主であるということに世界中のファンたちが熱狂した。ハルが今でもボンドガールの如く、艶やかな魅力を持ち続けている理由をUS版「エル」が探った。

【写真】何年経っても歳をとらない!? ハル・ベリー他、“美魔女“セレブの今と昔を画像比較

糖尿病診断がハルの食生活を変えた

ハル・ベリーは、19歳の時に糖尿病と診断された。身体に起きている状況を理解できずに恐怖ばかり抱いていた数年間の後、ハルは自身の健康のために本気でいくつかのライフスタイルを変更しなければならないことを学んだ。そこで彼女は精製された砂糖とパンを断ち切り、野菜やたくさんの水を摂取するといったクリーンで健康的な食生活に切り替えた。

「そもそも私の食事は糖尿病を管理するためのものなの。だから1日に4回、少しずつ食事を摂るように心がけているわ。身体が強くなって健康的になっているのを感じている」と、ハルは『ウーマン&ホーム』に語った。

新鮮な食材をシンプルに調理

他にもハルは、糖尿病に優しい食材として脂肪や糖分、そして加工炭水化物の少ない食品にフォーカスしている。彼女の好きな食事はシンプルでありながらも美味しいもの、つまりグリルしたマグロやガーリックマッシュポテトなどだ。

「私はたくさんのフレッシュな野菜やチキン、魚、そしてパスタを食べているわ。そして赤身の肉やフルーツを断つことにしたの。フルーツは意外と多くの糖質を含んでいる可能性があるからね」と説明してくれた。

ハルの考える“食育”とは

ハルはインタビューで“糖は毒”という言葉を引き合いに出して、糖分が体の代謝システムや肌に悪い影響を及ぼす可能性があると語っている。彼女は自身の食事はもちろん、9歳の娘ナーラと3歳のメイシオの食事にも砂糖の代わりにキシリトールを使用している。子供達もママと同じようにヘルシーな食事にこだわっているようだ。

「ナーラは2か月に1度のペースで友人のバースデーパーティがあって素敵なケーキが出てくるの。でも、それさえもやめろなんて乱暴なことはさすがに言わないわ。子供達に対しては幼い頃から食事について話し合ったり、お手本となるようなことを示してあげたりすることが大切だと強く信じているわ」

(translation & text : Nathalie Lima Konishi)

最終更新:5/16(火) 7:20
ELLE ONLINE

Yahoo!ニュースからのお知らせ