ここから本文です

【相続税対策】贈与税の計算方法と節税になる「生命保険」の利用方法を説明します。

5/16(火) 6:10配信

マネーの達人

相続税

みなさんご存知のように相続税はどなたか個人がお亡くなりになった時にその方の財産(遺産)が基礎控除額という一定の金額を超えることとなった場合に課税されます。

そのため、多くの方は死亡時に財産が基礎控除額より少なければ相続税は課税されないし、より少ない財産であれば相続税額が少なくなると考えます。

贈与税

生前に多くの財産を家族などに贈与すれば良いと誰でも考えると思います。そうすると相続税なんて納める人がいなくなります。

そこで、生前に財産を移転した場合には、相続税よりも高い税率の贈与税という規定があります。
生前に贈与税を納めて頂ければ、相続の時は少ない相続税でも良いですよ。
という考え方です。

■暦年課税方式

贈与税は1年間に贈与を受けた金額に応じて計算する「暦年課税方式」が一般的です。

これは、毎年1月1日から12月31日までに受けた贈与の額から基礎控除110万円を控除して、その残額に対して累進税率により計算します。

■相続時精算課税方式

平成16年から「暦年課税方式」以外に「相続時精算課税方式」という計算方法が規定されました。

「60歳以上の親か祖父母(贈与者)から、20歳以上の子か孫(受贈者)に限る」

その2人の関係を税務署に申告することにより、生涯2500万円までの贈与について非課税とし、2500万円を超える金額については20%の贈与税が課税されます。

ここまでのお話しでは「相続時精算課税」の方が良いと思えます。しかし、この「相続時精算課税」は、

(1) 一度この「相続時精算課税」を使用して申告すると「暦年課税」には戻れません。

(2) 「相続時精算課税」により贈与したものは相続があった場合には相続財産に戻して相続税を計算します。納めた贈与税は相続税で清算します。

単純に有利な制度ではありません。しかし、早めに財産を子や孫に移転することもできます。

この贈与税の計算方法を理解していないと、相続税対策行うことは難しいと思います。

1/2ページ

最終更新:5/16(火) 6:10
マネーの達人