ここから本文です

闇にバラ鮮やか、幻想的光景醸す 広島・福山のイベント会場ライトアップ

山陽新聞デジタル 5/16(火) 19:28配信

 第50回福山ばら祭2017(20、21日)を前に、会場の一つとなる広島県福山市花園町のばら公園でライトアップが行われている。暗闇の中、赤や白、ピンクのバラの花々が光を浴びて一層鮮明に浮かび上がり、幻想的な光景を醸している。

 同公園に植えられた約280品種5500本は八分咲き。花壇やアーチなどに設置された約100個の発光ダイオード(LED)で花を照らし出し、昼間とは違った魅力を演出している。生け垣を約2千個の電球で彩ったイルミネーションもあり、家族連れや友人同士のグループが散策し、写真を撮ったり、香りをかいだりして楽しんでいる。

 家族4人で訪れた同市内の会社員女性(32)は「日中とはまた違った見え方できれい。風情があっていいですね」と話していた。

 ライトアップは20日まで。午後6時半~10時。市公園緑地課によると、ばら祭期間中に満開を迎える見込み。

最終更新:5/16(火) 19:28

山陽新聞デジタル