ここから本文です

高校生が五輪食材を提供…青森・五所川原農林の挑戦

スポーツ報知 5/16(火) 14:01配信

高校唯一…5か月で認証

 現時点で日本唯一、五輪への農作物の提供を目指している高校がある。青森県の五所川原農林は15、16年と自ら生産するリンゴと水田(米)について、五輪食材の採用基準となる国際規格「グローバルGAP」を取得。五輪食材での「代表入り」を目指す。同規格は日本の全農家でも1%しか取得できておらず、このままでは五輪で国産食材がほとんど使われない可能性も指摘されている。日本の農業関係者も注目する同校の取り組みを追った。(樋口 智城)

 青森市中心部から車で約1時間。作家の太宰治や歌手の吉幾三を生んだ津軽平野の中心・五所川原市に位置する農業高校が、東京五輪に挑戦する。選手村などの食材提供に必要な国際規格「グローバルGAP」を、15年にリンゴ、16年に水田で取得。今年度はメロンを目指しており、“金看板”を武器に五輪参入を狙う。

後輩へ「積み重ね生かして」

 五輪の食材については、3月に大会組織委が「グローバルGAP」などの認証が事実上必要であることを発表。それ以外の食材や産地選択などの詳細は決まっていない。

 日本で「グローバルGAP」を取得しているのは、昨年末時点で農家・団体合わせて399件、全農家の1%だけ。輸入品に頼らず、国産食材をできる限り提供したい組織委にとって悩みの種となっている。高校で同規格を取得しているのは五所川原農林ただ1校。2年前に、生徒のみで書類手続きなどイチからスタート。5か月で認証にこぎ着けた。

 同校の山口章校長(59)は「来年度から『校内オリンピック委員会』というのを作ろうと思っているんですよ。東京五輪は来年入学の生徒が3年生になるときに開催されるので、いいチャンスですから」と説明。「どうすれば五輪に産品を出せるのか? 品目は? 量は? 生徒が計画を出して考えるような組織にしたいんです。食材を出し、最後は生徒が選手村に訪問してインタビューするところまで行くのが理想」と話す。

 同校の生徒は、「グローバルGAP」に関わったことで国際感覚も身に付けつつある。2016年9月には、オランダで開催された「グローバルGAPサミット」に生徒3人が参加。その取り組みが評価され、年間大賞に当たる「GAP Awards 2016」を受賞。高校の受賞は世界初の快挙だった。

 今年1月には「グローバルGAP」で認証されたリンゴを中国・成都で生徒が実演販売。650果を1日半で完売した。販売を体験した伊東実柚さん(3年)は「こういう体験を伝えていけば、後輩たちにも参考にしてくれると思う。私たちは高校では五輪に関われないけど、積み重ねを生かしてほしい」と話す。「グローバルGAP」チームの中心メンバーでもある伊藤宗史さん(3年)は「自分の実家で作っているリンゴも五輪食材提供を目指したい。高校での経験がなければこんなことも考えなかった」と笑顔を見せる。

 金メダルが期待される競泳・萩野公介や体操・白井健三らが食べることになる五輪食。日本で初めて「高校生の農作物が五輪選手村の食卓を飾る」という夢が実現するのか注目だ。

1/2ページ

最終更新:5/16(火) 14:01

スポーツ報知