ここから本文です

好調日産ノートに続けるか!?フィット、アクアもテコ入れで国産コンパクトが熾烈な戦い

5/16(火) 12:31配信

オートックワン

燃費より、走る楽しさを重視するユーザーの傾向

日産ノートがマイナーチェンジで『e-POWER』を追加したら、驚くことにコンパクトカーという激戦区で圧倒的なTOPに立ってしまった。もはやホンダフィットは大きく後退し、ベストセラーカーだったトヨタアクアも厳しい状況。そんな中、6月下旬にマイナーチェンジを行うフィットがティザーを開始!アクアも近々に大きなマイナーチェンジを行うという。果たしていかに?

新型ホンダ フィット等写真でチェック(画像17枚)

フィットとアクアに共通するのは、ハイブリッド人気の凋落かもしれない。今まで「ハイブリッドなら何でも良い」といった売れ方をしてきたが、ここにきて魅力のあるハイブリッドしか評価されなくなってきた。ハイブリッドを買うのは比較的裕福な層に絞られ、はたまたクルマを買うときにキッチリ情報を得ているということだと思う。

実際、ノートe-POWERとフィットハイブリッド、アクアを乗り比べたら、ドライバビリティに圧倒的な差がある。50km/hで巡航中からアクセル全開にした時のレスポンスが全く違う。ノートe-POWERを味わってしまうと、フィットハイブリッドなど信じられないほど鈍いのだった。アクアも総合性能でノートe-POWERに勝てない。

考えてみたらアクアもフィットハイブリッドも燃費だけ追求して開発された。走る性能に関して言えば二の次。

一方、ノートeパワーは多少燃費で追いつかなくても楽しい走りを実現してきた。ガソリン相場の安定により、もはや絶対的な燃費より、走る楽しさを重視する傾向。燃費だけ追求したクルマは時代の流れに乗れていない。

といったことをアクアとフィットハイブリッドの開発チームが意識していれば問題無いと思うけれど、相変わらず燃費重視の走らないクルマのままだったら厳しいと思う。

自動車メディアは必ずノートeパワーと追い越し加速の比較を行うことだろう。ホンダとトヨタが後出しジャンケンで負けるようだと、なかなか厳しいかもしれません。

はたまた両車ともコンパクトカーとして考えれば価格設定が高価すぎる。アクアにナビなど必要な装備を加えたら軽く250万円以上。フィットハイブリッドは驚くほどの値引きをして販売していた。マイナーチェンジを機に値引きを縮小したら、これまた割高感が出てしまう。このあたりも大きな課題になりそう。いずれにしろ人気挽回は簡単ではない。

ちなみにフィットは自動ブレーキを気休め程度の性能しか持っていなかったレーザー式から、レーダー+カメラを使う『ホンダ・センシング』にアップグレードしてくる。さらにあまり評価されていなかったエクステリアも大幅に変更。魅力的な価格設定をしてくるなら、ハイブリッドでない普通のエンジンが評価されると思う。

[Text:国沢光宏]

最終更新:5/16(火) 12:31
オートックワン