ここから本文です

有力デザイナーを勝手に大予想!キャサリン妃の妹、ピッパ・ミドルトンのウェディングドレス

5/16(火) 7:40配信

ELLE ONLINE

2017年5月20日(現地時間)に、ピッパ・ミドルトンとジェームズ・マシューズが、ピッパのホームタウン、バックルベリーにあるセント・マークス教会で結婚式を挙げる。出席者は、ウィリアム皇太子夫妻、ハリー王子とメーガン・マークル、ジョージ王子とシャーロット王女(式の際、新郎新婦の前を歩くページボーイ、ブライズメイドとして出席)、その他イギリス社交界から多数のセレブリティが出席することがわかっているが、それ以外は未だ謎のまま。ウィリアム皇太子夫妻のときのように、ヴィクトリア&デビッド・ベッカム夫妻などのセレブ達の式への出席や、ピッパがキャサリン妃のようなクラシックスタイルを選ぶのか否かなど、気になるところだが、いちばん楽しみなのは、誰がピッパのドレスをデザインするか?

【写真】ふたりともハイセンス!キャサリン妃&ピッパ姉妹のおしゃれスタイル13

ピッパのシティーガールな雰囲気とクラシックにツイストを加えたスタイルから、3人の候補者であろうと思われるデザイナーをリストアップ。

ジャイルズ・ディーコン

ここ数シーズン、2016年秋のオートクチュールを最後に、国際的なスポットライトから離れていたディーコン。バックルベリーの邸宅にピッパと彼女の母親を尋ね、 ウェディングドレスサイズの鞄を持って邸宅から出てきたことを報道されたことで、ウェディングドレスをデザインするのではないかと噂されている。少しはずしたゴシックルックなドレスは、意外でファッションフォワードなチョイスとなるかも。

アレキサンダー・マックイーン

6年前、キャサリン妃の結婚式でブライズメイドを務めたピッパが纏ったのが、サラ・バートンによる驚くほどシンプルで印象的な「アレキサンダー・マックイーン」のドレス。キャサリン妃のトラディショナルなドレスほどには注目を集めてはいなかったが、レースやカウルネック、クルミボタン、身体に美しく沿ったシルエットなどの微妙なデザインは、ピッパ本来の美しさを際立たせていた。マックイーンのドレスで世界中で愛され話題になったピッパのスタイル&キャラクター。再び「アレキサンダー・マックイーン」を選んだとしても不思議ではない。

ジェニー・パッカム

イギリスのブライダルレディー・トゥー・ウェアデザイナーであるパッカム。ミドルトン姉妹のお気に入りで、デザイナー候補入りは確実。パッカムは、キャサリン妃のときも、サラ・バートンが最終フィッテイングをしているニュースが出るまで、デザインをすると噂されていたし、何度も姉妹のドレスを担当している。オールド・ハリウッドでデコラティブだが着やすいスタイルで、カントリースタイルの挙式にグラマーさをプラスしてくれるはず。

(Translation: Etsuko Noda)

最終更新:5/16(火) 7:40
ELLE ONLINE