ここから本文です

『ア』の違いが分からない..4種類の発音を使い分けよう【レッスン動画付き】

ホウドウキョク 5/16(火) 11:30配信

「発音できれば聴き取れる」をコンセプトにトランプ大統領の発言でリスニング力UPを目指す連載「Trump Says..」

【レッスン#02全編】の動画と「ア」発音の口の形の画像はこちら

前回から引き続き、大統領就任演説を題材に、今回は母音の出し方を詳しく解説します(レッスン動画はページ最後に掲載)

That all changes - starting right here, and right now,
because this moment is your moment: it belongs to you.
(それは一切変わります。まさに今、ここで。
なぜならこの瞬間は皆さんの瞬間だからです。これはあなたたちのものです。)

英語って「ア」の発音がたくさんありません?

ショーン
今回は母音「a」「e」「 i」「 o」「 u」をマスターしましょう。

すーさん
これ、違いがわからないんですよ~! 英語って「ア」の発音がたくさんありません?

ショーン
ありますね。日本語でいう「ア」に似たものがいっぱいあります。でも、口の形でかなり違います。僕の口の形を見てください。

まずは「a(a')」(「cat」などアクセントのある「a」)

ショーン
「a(ah)」(「that」などの「a」)

ショーン
「o」(「caught(捕まえた)などの「ア」)

ショーン
「u」(「cut」などの「ア」)ショーン
母音は基本的に「a」「e」「i」「o」「u」の5つ。日本語の「ア」に聞こえるのはが2種類の「a」と、「o」と「u」も「ア」に近いんです。

すーさん
この「ア」の聞き分けが最初のステップなんですね。

ショーン
そうです! 口の形だけを見てると分かるんで、その口の形を的確にマネして、声帯をちゃんと使ってあげるとすぐ出来るようにになります。 【上記リンク参照】

まずは「a」の発音から!

ショーン
まず短い「a」の発音。例文の最初の「that」でも使っています。短い「a」というのは、2種類の音がありますが、まずは普通の「a」。
Repeat after me. “a“.

生徒
“a“.

ショーン
もう今、すごく喉を鳴らしだしてるのが分かりますか? けんと君、さっきよりも喉に変えましたね。

けんと
変えました!

ショーン
感覚として一発で分かりますよね。

けんと
そうですね。たしかに。

ショーン
どこにあるかを意識してないだけで、日常生活で使ってますからね。この「a」はシンプルな方です。そしてもう1個「a」があります。

すーさん
「a」にも2種類あるっていうことですね。いやーほんと、英語を喋る人って使い分けてるんですね~。

ショーン
そう、使い分けてます。そこが超重要なんです!

1/2ページ

最終更新:5/16(火) 11:30

ホウドウキョク