ここから本文です

ホークスがローテ再編 バンデンずらし、千賀と合わせカード頭に2枚看板

西日本スポーツ 5/16(火) 7:00配信

 首位楽天を2.5ゲーム差で追う福岡ソフトバンクが15日までに先発ローテーションを再編した。千賀滉大投手(24)が先陣を切る16日からの敵地オリックス3連戦に続き、リック・バンデンハーク投手(31)の登板日を変更して、西武3連戦の初戦19日に配置。右の剛腕2人にカード初戦を任せ、交流戦まで続く6連戦の日程で優位に立つ。

【写真】パンチパーマをあてた柳田、そのワケは…

 5試合だった前週から、再び6連戦に戻るタイミングで、奪首を狙うソフトバンクが先発ローテに一つ手を加えた。通常の中6日なら18日オリックス戦(ほっと神戸)先発となるバンデンハーク。その登板日を1日ずらし、前週は試合のなかった金曜日、19日西武戦(メットライフドーム)に中7日で投入する。

 「3連戦のカード勝ち越し」がモットーの工藤監督は「もちろんそれ(カード初戦の重視)もあるし、なるべく慣れているマウンドで投げさせたいというのもある」と説明した。バンデンハークは来日からほっと神戸での登板はなし。12球団の本拠地以外では帯広、鹿児島、北九州で3度登板して1勝1敗、防御率5・29という数字も踏まえ、比較的安定した足場で力を発揮させたい考えだ。

 バンデンハークはヤフオクドームで投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。カード初戦(2連戦以上)での先発は昨年5月以来で、1年ぶりとなる。バンデンハークが初戦に先発したカードの過去のチーム戦績は、勝ち越し10度に負け越し2度(タイ1度)で“勝ち越し率”を算出すると77%。2連戦も3連戦もあり、投手の顔触れもその時々で変わるが、頼もしいデータではある。

 和田離脱後、週末カード初戦を担って3連勝中と奮闘している中田は2戦目に回る形だ。バンデンハークの登板日変更で空く18日オリックス戦先発は摂津。寺原との兼ね合いで出場選手登録を一時外れていたが、同日から再登録が可能だ。今季未勝利ながら、6日のロッテ戦では8回4失点で今季チーム初完投をマークした。交流戦いっぱいまで続く6連戦の日程。和田、武田を欠く中でも、適材適所で態勢を整え、確かな歩調で前進を続けていく。

西日本スポーツ

最終更新:5/16(火) 7:00

西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 20:05