ここから本文です

5年で価値が5倍! アンティークコインが注目

5/16(火) 14:30配信

AbemaTIMES

(c)AbemaTV

 今、100年以上前につくられた「アンティークコイン」が注目されている。売買が活発に行われ、その価格は上昇中。

 株式会社ユニバーサルコインズ代表取締役の西村氏が個人で保有している、1839年発行のイギリス・ヴィクトリア女王が即位した時の記念5ポンド金貨、通称「ウナとライオン」は、5年前に日本のオークションで約800万円で落札された。今現在の価値はなんと、約5000万円。毎年1000万円ずつ価格が上がっているという。

 西村氏によると「2008~09年のリーマンショックの時に(アンティークコインは)価格が下がらなかった。そこに資産家が目をつけ、ここ10年くらいで一気に金融市場からお金が(アンティークコインに)流れてきている」という。

 また、「現物がないからこそ、そこに対してお金が集まってくる。供給は少なくなる、増えることはない昔の物だから、逆に需要は現物資産に対してお金が流れてくる。急上昇かはわからないが、価値上がってきている状況」と分析した。
(Abema One Minute Newsより)

最終更新:5/16(火) 14:30
AbemaTIMES

Yahoo!ニュースからのお知らせ