ここから本文です

カンヌ映画祭の歴代名場面&珍事件をプレイバック

5/16(火) 22:10配信

ELLEgirl

毎年恒例のカンヌ国際映画祭がいよいよ5月17日(現地時間)より開幕。世界中からセレブリティが集まり、レッドカーペットやパーティで華やかに盛り上がるビッグイベントには事件がつきもの。そこで、過去にカンヌで話題をさらったハイライトを振り返り。今年は70周年というアニバーサリーイヤーだけに何が起こるか、目が離せない!

【写真】開幕直前!カンヌ国際映画祭の歴代ベストドレッサー82

2016年

ベラ・ハディッド

毎年、華やかな女優やモデルたちが集まるカンヌ映画祭。その中でも「歴史に残るセクシードレス」とまで言われたのが2016年のベラ・ハディッド。「アレクサンドル ボーティエ」の大胆なドレス姿に世界中の目が釘付け! 

ベラは後日「普段はシンプルな黒いドレスでレッドカーペットを歩くことが多いの。だからあのドレスを着るのはとても怖かった」とコメント、「評判がよくてとても嬉しかった」とも。ちなみにこのドレスの内部にはボディスーツが組み込まれているそうで、ちゃんと肝心なところは見えないようになっていたとか。

2014年

アメリカ・フェレーラ

アメリカ・フェレーラを襲ったレッドカーペットの悲劇! セレブにいたずらをすることで有名なウクライナ人のレポーターに、背後からドレスのなかに潜りこまれるという被害にあった可哀想なアメリカ。

2002年

ライアン・ゴズリング、サンドラ・ブロック

映画『完全犯罪クラブ』で共演し、仲良く現地入りと思いきや、実はこのとき2人は恋に落ちてデートを重ねている最中だったとか。

1995年

シャロン・ストーン

シャロン・ストーンも、こんなはじけた一面を披露。

1979年

フランシス・フォード・コッポラ、ソフィア・コッポラ

父親のフランシスに肩車をされているのは、子ども用のタキシードを着たソフィア・コッポラ。

最終更新:5/16(火) 22:10
ELLEgirl