ここから本文です

蚊を撃退すると謳う虫除け剤、すべてに効果があるわけではないみたい

ギズモード・ジャパン 5/16(火) 21:10配信

えっ、意味ないの?

北米ではジカウイルス感染症が猛威を振るって以来、多くの人々が、やぶ蚊を撃退してくれる虫除け剤に関心を寄せるようになりました。いまや虫除けスプレーから蚊を寄せつけないブレスレットなどなど、Amazonで検索しようものなら、ありとあらゆる種類の製品がヒットします。でも、そのすべてに効果があるわけではないという残念な研究発表も出ているんです。

たとえば、ニューメキシコ州立大学のStacy Rodriguez氏が率いる研究チームは電子ジャーナルの「Journal of Insect Science」に北米のAmazonで代表的に販売されている、やぶ蚊を駆除すると謳う11製品をテストした論文を掲載。100匹以上のネッタイシマカを汗をかいた被験者に向かって放ちつつも、各虫除け剤の香りを被験者の側から風に乗せて流し、どこまで蚊をよけるのに役立つか実験をしましたよ。

蚊の撃退に役立つとして販売されている製品の使用成分は「ディート」という化合物から、より人体に安全ながらも効果性が高いと謳われるシトロネラオイル、ゲラニオール、レモンユーカリ油の香りまで、実に多種多様です。でも今回の実験では、やはり虫除けスプレーによく使われるディートの効果が抜群に高いことが判明しました。ほかにメトフルトリンを発生させるブレスレットにも撃退効果が認められています。

しかしながら、人体に悪影響をもたらす危険性もあるといわれるディートに比べてナチュラルかつ蚊の撃退効果もあるともてはやされてきたシトロネラオイルは、ネッタイシマカに対してはほとんど効かないことがわかったそうです。ネット上の商品説明では、やぶ蚊から身を守る効果が250時間も持続するとアピールされていても、今回の実験では、まったく撃退効果は認められなかったと発表されています…。

ネッタイシマカは、非常に攻撃的な蚊である。その撃退は容易なものではない。シトロネラは、まったくネッタイシマカの撃退には役立たない。多くの消費者は、こうした虫除け剤を購入してさえいれば、なんらかの効果を発揮して保護されていると考えがちだが、それは真実ではないことが明らかになった。

Rodriguez氏は、こんなふうにコメントしていますよ。なお、今回の研究でネッタイシマカには効かないという結果となったシトロネラオイルですが、米食品医薬品局(FDA)では、れっきとした虫除け剤の成分の1つとして列挙されています。とはいえ、別のNCBIに掲載されている研究調査でも、確かにシトロネラオイルに蚊の撃退効果はあるものの、一般的には薄められた形で商品化されているため、効果性は薄れると指摘されたことがありました。ナチュラルな香りだけで蚊を寄せつけないようにするのは、やはり無理があるのかもしれませんよね~。

image: nokkaew / Shutterstock.com
source: Journal of Insect Science, NCBI
reference: FDA

Kristen V. Brown - Gizmodo US[原文]

(湯木進悟)

最終更新:5/16(火) 21:10

ギズモード・ジャパン