ここから本文です

「ロシアに機密情報漏えい」とワシントンポスト紙が報道

ホウドウキョク 5/16(火) 17:10配信

アメリカのトランプ大統領が先週、ロシアの外相らと会談した際に、機密情報を漏らしたとワシントンポスト紙が報じた。

この記事では、複数の政府高官の話として、トランプ大統領が10日、ホワイトハウスでロシアのラブロフ外相や駐米大使と会談した際に、過激派組織「イスラム国」の掃討作戦にあたる同盟国から提供された機密情報を、事前の同意がないまま伝えたとしている。
この情報には、パソコン端末を使った航空機内でのテロに関する内容が含まれていたという。

マクマスター大統領補佐官は「機密情報などについては一切話されていない。わたしも同席していたが、そのようなことはなかった」と報道を否定した。

ロシアとの関係や情報管理をめぐって批判が噴出

政府高官らは一斉に「誤報だ」として、火消しに走っているが、大統領選干渉疑惑で、ロシアとトランプ陣営の関係を捜査していた、FBI(連邦捜査局)のコミー前長官の解任直後だけに、ロシアとの関係や情報管理をめぐって批判が噴出。責任追及の声が上がっている。

さらに、ワシントンポスト紙は、「トランプ大統領は弾劾されるべき」との見出しで記事を載せ、その中で、ニクソン大統領のウォーターゲート事件の真相を報道したボブ・ウッドワード記者のインタビューなどを掲載した。

最終更新:5/16(火) 17:10

ホウドウキョク