ここから本文です

無敗のアーセナル、3冠のマンU、奇跡のレスター ファン選出の“プレミア史上No.1優勝チーム“は

5/16(火) 11:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今季のチェルシーは何位か

今季のプレミアリーグを制したチェルシーは、過去の優勝チームと比較しても非常に安定感のあるチームだった。特に3バックに変更してからは大きく崩れるようなことがほとんどなく、常に自分たちのペースで試合を進めることができていた。プレミアリーグ史に残る強力なチームの1つと言えるのではないか。

香川大ブレイク時のドルトムントも 英メディアが選ぶ「強力な若手軍団」

そこで英『sky SPORTS』は、ユーザーの投票を基に歴代のプレミアリーグ優勝チームをランキング化。プレミアリーグファンの印象に強く残っているのはどのチームなのか。

トップ10を見てみると、10位はアレックス・ファーガソン最後のシーズンとなった2012-13シーズンのマンチェスター・ユナイテッド、9位に2008-09シーズンのマンU、8位に1999-00シーズンのマンUと、さすがに赤い悪魔のインパクトは強烈だ。7位に2009-10シーズンのチェルシーを挟み、6位にもチャンピオンズリーグ制覇とリーグ制覇を果たした2007-08シーズンのマンUが選ばれている。

そして5位には今季のチェルシーが入っており、高い評価を受けているようだ。4位はジョゼ・モウリーニョの下で勝ち点95を獲得した2004-05シーズンのチェルシー、3位は3冠を達成した1998-99シーズンのマンU、2位は無敗優勝を達成した2003-04シーズンのアーセナル、そして1位に選ばれたのは昨季奇跡のプレミアリーグ制覇を果たしたレスター・シティだ。

恐らく実力的には当時のマンUやチェルシーの方が上だろうが、サッカーファンの記憶に強く残っているのはレスターの方だ。歴史に残る優勝劇に岡崎慎司が深く関わっていることは日本のサッカーファンにとっても非常に誇らしい。今季のチェルシーも昨季のレスターを上回る強さがあったはずだが、衝撃度では上回ることはできなかったか。

http://www.theworldmagazine.jp/