ここから本文です

四方漁港沖で 男性流され死亡/富山

チューリップテレビ 5/16(火) 11:04配信

 15日午後、富山市の四方漁港で男性1人が漂流しているのが見つかりました。
 男性は搬送先の病院で死亡が確認されました。

 15日午後2時半ごろ、「四方漁港の波消しブロックから50メートルほど沖を男性が流されている」と、110番通報がありました。
 伏木海上保安部の巡視船「たちかぜ」や警察・消防が出動し、漂流していた男性1人をおよそ30分後に収容しましたが、その後、搬送先の病院で死亡が確認されました。
 漂流していた男性は、年齢が20歳から40歳ほどで、身長は170センチほどでした。
 水色と白色のボーダーの半袖パーカーと黒い半ズボンを着用し、黒のウエストポーチを所持していました。
 また、救命胴衣を着用していました。
 伏木海上保安部が身元を調べていて、心当たりのある人の情報提供を呼びかけています。

チューリップテレビ

最終更新:5/16(火) 11:04

チューリップテレビ